昨今、常時 SSL 化の動きが激しくなっているようです。Chrome は非 https サイトに対しての警告を徐々に始めているようで、サイトの SSL 化は待ったなしかもしれません。

WordPress のサイトも例外ではないため、http から https へ SSL 化する方法をいくつかご紹介します。

その前にまずは  SSL サーバー証明書を取得する必要があります。利用しているホスティングサーバーによって異なるので、まずはホスティングサーバーをご確認ください。最近は、Let’s Encrypt という無料で利用できる SSL サーバ証明書もあります。

さて、WordPress のサイトの SSL 化ですが、簡単に行うのであれば、プラグインを利用する方法があります。

Really Simple SSL というプラグインを利用すれば、SSL を有効化するだけで、サイトの SSL 化をすることができます。しかしこの方法は、プラグインが無効化されると SSL が解除されてしまうほか、内部には http の URL がそのまま残っているのであまり気持ちのいいものではありません。

そこで、データベースに記録されている http の URL を https へコンバートするわけですが、下手に SQL でコンバートしてしまうとデータを壊してしまう恐れがあります。WordPress では配列の値をシリアライズして保存しており、バイト数が変わるとデータがおかしくなってしまうようです。

ここで役に立つツールが、WordPress の CODEX(ドキュメント)でも紹介されている Database Search and Replace Script in PHP ( WordPress データベース用検索と置換スクリプト)というもので、全データを安全に変更することができます。このツールは、サイトの引っ越しにも有効です。

WordPress お助け隊24時では、このツールを使用して、WordPress のサイトを http から https へ SSL 化させていただいています。扱いが若干難しいので、ぜひWordPress お助け隊24時にお任せいただければ、と思います。